ソフトを使用したイラストの作成はパソコンのスペックが大切

皆からイラストソフトについて

メディアや雑誌などで見掛けるイラストは、現在ではデジタルのイラスト作成ソフトで描かれているものがほとんどです。

そのため漫画家や絵師になるためにはパソコンを使用した作画に早いうちから慣れていくのがいいでしょう。

イラスト作成ソフトは有料の物が良い

まず、イラストを描くための機能はパソコンに標準搭載されているようなものではなくて、別途で数千円程度で購入可能なソフトが使い勝手としては抜群です。

中にはCD-ROMだけでなくインターネットからダウンロードできるものもあるので、所有しているパソコンにCDライターがあるかないか、また保存しやすさで決めるといいでしょう。

バリエーションもメーカーや作成用途により向き不向きがあるので、選ぶ際はレビューやお試し期間などを利用して実際に確認してみることが、使いやすさ、描き手とのとの相性を判断するために必要です。

必要なパソコンスペック

またその他にもインストールするためにパソコンのスペックも大切です。

必要なスペックも変わってきますので、事前にきちんとチェックして、メモリが不足していれば、パソコンにメモリを追加しておくのも正しく動作するために重要です。

多くのものでは最低4ギガのメモリからが動作に必要なスペックなので、いわゆるタブレットやネットブックのなかにはメモリが低いものも多いので気をつけましょう。

その一方で、ハードディスクの容量はさほど必要がなく、インストール分の容量以上があれば動作に問題はないため、一般的な500ギガ程度のノートパソコンでもメモリが4ギガあれば描くこと作成することに関しては十分です。

イラストを作成するときの特殊効果などデータ容量の大きいブラシや素材を使うときに、メモリ不足で動作がカクカクしたりすることもあり、自分が描きたいものや使いたい機能、ブラシ、素材を鑑みてインストールするパソコンを決めましょう。

プロの漫画家や絵師の中でも自分の使いたい機能や加工、使い勝手に応じて複数のソフトを利用していることもありますが、ほとんどのソフトではオーバーレイや発光、乗算機能といった機能も備わっているため、基本的に下書きから仕上げまで完結できるのです。

タイトルとURLをコピーしました